メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

緊急避妊薬で女子大生が署名活動 望まぬ妊娠避けるため処方箋なしで

「#なんでないの」を始めた福田和子さん。「海外留学を経験し、日本の若者がいかに守られていないか実感した」と話す=東京都内で中川聡子撮影

 望まぬ妊娠を避けるために、市販の感冒薬のように医師の処方箋なしで緊急避妊薬(アフターピル)を薬局で買えないのはおかしい――と、女性たちが声を上げ始めている。緊急避妊薬とはどういうもので、現状はどうなっているのか。【中川聡子/統合デジタル取材センター】

速やかな服用に処方箋の壁

 緊急避妊薬は、女性が性交後72時間以内に1.5ミリグラム1錠を服用すると排卵が抑制される。日本では2011年に「ノルレボ」(販売名、あすか製薬)が医薬品として承認された。女性の健康に詳しい日本家族計画協会理事長の北村邦夫医師によると、服用した場合の妊娠率(1回の性交で妊娠する確率)は0・7%(健康な男女の妊娠率は通常、20代で20~25%)。まれに頭痛や出血などの副作用が出るが、ほとんど身体に影響がなく、服用後に妊娠が判明しても胎児に影響がないとされる。

 性交後から服用までの時間が長いほど有効性が落ちるため、極力早めに服用することが必要だ。薬は排卵を1…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称 
  2. 広河氏「セクハラ、立場を自覚せず」 写真界の「権力者」暴走の背景は?
  3. デルタ航空、福岡・ハワイ線撤退へ
  4. ミニスカ「性犯罪誘う」に批判 菅公学生服が不適切表現を謝罪
  5. 高知・須崎市、1年でふるさと納税300倍 成功の裏にゆるキャラと“名演出家”

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです