メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

緊急避妊薬で女子大生が署名活動 望まぬ妊娠避けるため処方箋なしで

「#なんでないの」を始めた福田和子さん。「海外留学を経験し、日本の若者がいかに守られていないか実感した」と話す=東京都内で中川聡子撮影

 望まぬ妊娠を避けるために、市販の感冒薬のように医師の処方箋なしで緊急避妊薬(アフターピル)を薬局で買えないのはおかしい――と、女性たちが声を上げ始めている。緊急避妊薬とはどういうもので、現状はどうなっているのか。【中川聡子/統合デジタル取材センター】

 緊急避妊薬は、女性が性交後72時間以内に1.5ミリグラム1錠を服用すると排卵が抑制される。日本では2011年に「ノルレボ」(販売名、あすか製薬)が医薬品として承認された。女性の健康に詳しい日本家族計画協会理事長の北村邦夫医師によると、服用した場合の妊娠率(1回の性交で妊娠する確率)は0・7%(健康な男女の妊娠率は通常、20代で20~25%)。まれに頭痛や出血などの副作用が出るが、ほとんど身体に影響がなく、服用後に妊娠が判明しても胎児に影響がないとされる。

 性交後から服用までの時間が長いほど有効性が落ちるため、極力早めに服用することが必要だ。薬は排卵を1週間程度遅らせる効能があるが、服用後の性交には妊娠のリスクがある。

この記事は有料記事です。

残り1397文字(全文1836文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  2. スイッチとセットの「リングフィット アドベンチャー」 11月20日発売へ 任天堂

  3. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  4. 網戸のひもで6歳死亡、YKK APを提訴 「欠陥」首に絡まり 大阪地裁

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです