メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

低層階でワンストップサービス 渋谷区新庁舎が完成

15日から業務を始める渋谷区新庁舎=同区宇田川町1で2019年1月6日午前11時46分、福沢光一撮影

 渋谷区は旧庁舎跡地(宇田川町1)に完成した地上15階、地下2階建ての新庁舎を公開した。2、3階の低層階に住民サービスとかかわりの深い担当課を集約し、区民の利便性向上を図っている。現在業務を行っている仮庁舎(渋谷1)は11日に閉庁し、15日から新庁舎で業務を開始する。隣接する新渋谷公会堂は今秋にオープンする予定だ。

 新庁舎は2階に障がい者福祉課、介護保険課、生活福祉課をまとめ「ワンストップ対応サービス」を取り入れた。来庁者は専用ブースに座ったまま、福祉関係の職員が入れ替わることで各種手続きや相談に対応する。

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文784文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  5. 安倍首相「長期戦の覚悟を」「気を緩めれば急拡大」「現金給付行う」 新型コロナで記者会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです