メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成最後の花園王者は大阪桐蔭 桐蔭学園破り悲願の初V

【大阪桐蔭-桐蔭学園】優勝を決めて、喜ぶ大阪桐蔭の選手たち=東大阪市花園ラグビー場で2019年1月7日、木葉健二撮影

 第98回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教育委員会主催)は最終日の7日、東大阪市花園ラグビー場で決勝が行われ、大阪桐蔭(大阪第1)が26―24で桐蔭学園(神奈川)に逆転勝ちし、初優勝を飾った。準優勝に終わった前回大会に続く2回目の決勝で「平成最後」の大会を制した。大阪勢の大会制覇は前回の東海大仰星(現東海大大阪仰星)に続き、都道府県別で全国最多の通算21回目。

 大阪桐蔭は5点を追う後半7分、プロップ江良颯選手(2年)のトライとゴール成功で逆転。終盤の桐蔭学園…

この記事は有料記事です。

残り643文字(全文901文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  4. 京都選挙区、立憲新人の増原氏が落選

  5. 自衛官2人、10分居眠りで停職 弾薬庫の警備中 兵庫・伊丹

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです