メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲初場所 稽古総見で稀勢の里「秋場所より動き良い」

横綱審議委員の前で稽古する稀勢の里(左)と豪栄道=東京・両国国技館内の相撲教習所で2019年1月7日午前10時27分、小川昌宏撮影

 大相撲初場所(13日初日、東京・両国国技館)に向け、横綱審議委員会(横審)の稽古(けいこ)総見が7日、国技館内の相撲教習所で行われ、昨年11月の九州場所を休場した稀勢の里、白鵬、鶴竜の3横綱が参加した。

 先場所、初日から4連敗して途中休場した稀勢の里は鶴竜と4番、大関・豪栄道と2番、相撲を取った。稀勢の里は差し手を嫌って突っ張る鶴竜に対して、まわしが取れないまま何度も土俵を割った。一方、豪栄道には左を入れて胸を合わせる場面も。半身で攻めて黒星を重ねた先場…

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文576文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 光を放つ800系 公募「願いごと」を装飾 九州新幹線全線開業10年で特別運行

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. コロナ刑事罰削除で与野党合意 懲役刑、罰金刑ともに 感染症法改正案

  5. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです