メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

10代少女、ソーシャルメディア利用で同年代少年よりうつのリスク

[PR]

 [ロンドン 4日 ロイター] - 英国の省庁横断の公的団体、経済社会研究会議(ESRC)が資金提供して行われた調査で、10代の少女は同年齢の少年に比べてソーシャルメディア利用によりうつ症状を示す確率が約2倍であることが4日、明らかになった。

     主に、ネット上の嫌がらせや睡眠の中断、身体イメージの悪さや自己評価がより低いことが主因とみられている。

     調査では英国の青少年約1万1000人のデータを分析。それによると、14歳ではソーシャルメディアを1日に3時間以上利用する少女の割合が5分の2で、少年の5分の1を上回った。

     また、より深刻なうつの症状が見られた割合は、利用度の低い人の間では12%、1日5時間以上の利用度の高い人の間では38%となった。

     ソーシャルメディアとの関連が考えられる潜在要素を分析したところ、少女の40%、少年の25%がネット上の嫌がらせやネットいじめを経験していた。

     睡眠障害を訴えたのは少女の40%、少年の28%だった。うつには不安と睡眠不足が関係しているとされる。

     身体のイメージや自己評価、容姿に対する懸念でも少女への影響がより強いことが分かったが、少年との差はさほど大きくなかったという。

     調査結果は、EClinicalMedicineに掲載された。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

    2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

    3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

    4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

    5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです