メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドイツ

有名週刊誌シュピーゲル 著名記者が捏造、見抜けず 記事60本中14本 検証システムに弱点

クラース・レロティウス氏=AP

 ドイツの有名ニュース週刊誌シュピーゲルのスター記者が虚偽の記事を書き続けた上、同誌が誇る厳格な原稿チェックをすり抜けていたことが判明し、同国メディア界に衝撃が走っている。記者はルポの名手として知られ、国内外でジャーナリズム賞に輝いていた。地元紙は「ドイツメディア界最大のスキャンダルの一つ」と報じている。

 「編集部に起こり得る最悪の事態が起きた」。シュピーゲルは昨年12月、クラース・レロティウス記者(3…

この記事は有料記事です。

残り760文字(全文963文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  3. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真
  4. 2歳女児がマンション15階から転落死 大阪・住之江
  5. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです