メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

自己責任は「私の選択」 9カ国赴任「国境なき医師団」看護師・白川優子さん 必要とされれば紛争地に行く

紛争地で活動する白川優子さん=イラク・モスルで2017年(国境なき医師団提供)

 「紛争地の看護師」。国際NGO「国境なき医師団」(MSF)の白川優子さん(45)には、自著のタイトルがぴたりと当てはまる。トランプ米大統領が駐留米軍の撤収を決め、今も内戦が続くシリアには4度入った。「最も医療を必要とする場所だから」。そんな白川さんにとっての「自己責任論」とは。【庄司哲也】

 2012年9月、政府軍と反体制派が戦闘状態に陥っていたシリアに初めて入った時のことを著書でこう記している。

 <MSFは中立の立場として早くからアサド政権に非政府組織(NGO)としての国内での活動許可を申請し…

この記事は有料記事です。

残り2458文字(全文2708文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  2. 2億円超記載漏れ「常軌を逸している」 維新との対決を評価する声も 堺市民の声
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. 幼稚園バスなど5台絡む多重事故で2人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです