メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
特集ワイド

自己責任は「私の選択」 9カ国赴任「国境なき医師団」看護師・白川優子さん 必要とされれば紛争地に行く

紛争地で活動する白川優子さん=イラク・モスルで2017年(国境なき医師団提供)

 「紛争地の看護師」。国際NGO「国境なき医師団」(MSF)の白川優子さん(45)には、自著のタイトルがぴたりと当てはまる。トランプ米大統領が駐留米軍の撤収を決め、今も内戦が続くシリアには4度入った。「最も医療を必要とする場所だから」。そんな白川さんにとっての「自己責任論」とは。【庄司哲也】

 2012年9月、政府軍と反体制派が戦闘状態に陥っていたシリアに初めて入った時のことを著書でこう記している。

 <MSFは中立の立場として早くからアサド政権に非政府組織(NGO)としての国内での活動許可を申請し…

この記事は有料記事です。

残り2458文字(全文2708文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 防衛相、GSOMIA破棄の「間隙突いた」 北朝鮮弾道ミサイル

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです