メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
私の記念碑

狂言方大蔵流 山本東次郎/1 芸のすべては父から

 東京都杉並区の閑静な住宅街の一角に狂言方大蔵流の名門、山本東次郎家の本拠、杉並能楽堂がある。1910年に能舞台として建てられ、29年に現在地に移築された。

 現当主の四世東次郎は日本芸術院会員、人間国宝。能楽界を支えるひとりである。37年に生まれてから、この舞台と共にある。幼いころは遊び場であった能舞台は、父の三世東次郎に初稽古(けいこ)を受けた数えで5歳、満4歳の誕生日からは厳しい修業の場となった。

 「ずっと同じ舞台を守ってこられたのは幸せなことです。私が生まれた当時は27歳だった能舞台も、100…

この記事は有料記事です。

残り448文字(全文700文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  2. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. ORICON NEWS 島耕作、会長退任で相談役就任 「役職は永遠のネタ」とネット上話題

  5. 「NHKと契約したら受信料は義務」政府が答弁書 スクランブル放送には否定的見解

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです