メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の記念碑

狂言方大蔵流 山本東次郎/1 芸のすべては父から

 東京都杉並区の閑静な住宅街の一角に狂言方大蔵流の名門、山本東次郎家の本拠、杉並能楽堂がある。1910年に能舞台として建てられ、29年に現在地に移築された。

 現当主の四世東次郎は日本芸術院会員、人間国宝。能楽界を支えるひとりである。37年に生まれてから、この舞台と共にある。幼いころは遊び場であった能舞台は、父の三世東次郎に初稽古(けいこ)を受けた数えで5歳、満4歳の誕生日からは厳しい修業の場となった。

 「ずっと同じ舞台を守ってこられたのは幸せなことです。私が生まれた当時は27歳だった能舞台も、100…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  2. 西山さん「無罪判決もらえるよう、頑張る」 滋賀患者死亡・再審確定
  3. 除染土使用に反発「安全なら五輪に」 福島・常磐道の沿線住民
  4. 頼みのバッハ会長が水面下で「NO」突きつけ…JOC竹田会長は「詰んでいた」
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです