メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦順位戦 青野照市九段-富岡英作八段 第4譜

一押しの好手

 富岡は図から「[後]2四同歩[先]同飛[後]8九歩成の読み筋で進めていました」と言う。しかしその局面を迎えてみると、そこで[先]5四歩と打たれる手に気づいた。以下[後]6四銀[先]同馬[後]同飛[先]4四飛[後]同歩[先]5三歩成[後]同金[先]7五角[後]5四飛[先]6五銀と進められるのが嫌な順だ。

 [後]2五桂打は非常手段的な手に映るがコンピューターソフトも一押しの好手である。

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文429文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです