メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美食地質学入門

第10講 イセエビ リアス式の恩恵、御食国

塩焼き(左下)、具足煮(右下)、刺し身のイセエビ料理=三重県鳥羽市の答志島で、松井宏員撮影

 新年にふさわしく、正月飾りにも使われるイセエビを求めて、いざ三重県鳥羽市の答志島へ。今回の日本列島のポイントは、伊勢志摩のリアス式海岸だ。

 大阪から鳥羽まで近鉄特急で約2時間、鳥羽から定期船で答志島に着いた。昼時、魚のセリがあるというので、マグマ学者の巽好幸先生、「エコール辻大阪」の大引伸昭先生と共に早速、漁協(鳥羽磯部漁協答志支所)へ向かう。

 イセエビ漁の解禁は鳥羽沿岸部は10月1日だが、答志島は半月早い9月中旬だという。仲買人が集まってき…

この記事は有料記事です。

残り2102文字(全文2326文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票を山本太郎票に 静岡県富士宮市選管ミス 市民指摘で判明
  2. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  5. 質問なるほドリ 「政党要件」で何ができるの? 交付金や企業寄付受領 メディア露出増えそう=回答・吉井理記

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです