メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

花善

大館の老舗、仏に現地法人設立 パリで名物「鶏めし弁当」販売へ /秋田

 大館市の駅弁の老舗「花善」(八木橋秀一社長)は、フランス・パリに現地法人として共同出資会社「SAS ParisHanazen」(簡易株式会社パリ花善)を設立した。花善によると、昨年11月28日付で登記を済ませた。

 同社は、昨秋パリ・リヨン駅で同社名物「鶏めし弁当」などの駅弁を発売し、反響があった。…

この記事は有料記事です。

残り173文字(全文323文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 20代女性を窃盗容疑で誤認逮捕 松山東署、2日後に釈放
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. 東海道新幹線の全区間、一時運転見合わせ 静岡で大雨

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです