メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

庄内空港

音波で上空の風観測 強い季節風対策で試験 /山形

 強風の吹く日が多い庄内空港で、音波を使って上空の乱気流を検知し、旅客機のパイロットらにリアルタイムで情報を提供して安全運航を支援するシステムの運用試験が行われている。

 宇宙航空研究開発機構(JAXA、本社・東京都調布市)と民間のソニック(同立川市)が共同開発した低層風情報提供システム「SOLWIN(ソルウイン)」の試験で、昨年12月1日から始めた。

 滑走路の東端から約400メートルの管理地内に3台セットの観測機器を設置。上空に向けて2・5キロヘル…

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文673文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです