メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西吾妻福祉病院

出産対応を休止 医師転出で4月から 妊婦健診などは継続 /群馬

 西吾妻福祉病院(長野原町)が4月から出産の取り扱いを休止する。産婦人科医が1人と少ない上、急な帝王切開手術などに対応する麻酔科医が3月末で転出し、十分な体制を整えるのが難しくなるため。吾妻郡内で出産できる医療機関はゼロになる。妊婦健診や婦人科系の病気の診察などは引き続き受けられる。

 西吾妻福祉病院は、長野原▽嬬恋▽草津▽中之条の4町村でつくる組合が設立し、へき地医療を支える「地域医療振興協会」(東京都)が指定管理者制度に基づき運営している。

 病院によると、現在は常勤の産婦人科医と外科医、麻酔科医に、他の病院からの応援医師が加わり、出産に対…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 特集ワイド ヘイト本作った理由、依頼を何でも受けた 読み手見え、自責の念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです