相模鉄道

AI通訳機導入 全25駅に40台 /東京

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 相模鉄道(横浜市西区)が、話しかけるだけで通訳がいるように対話できるAI(人工知能)通訳機「POCKETALK(ポケトーク)W」を全25駅に計40台導入した。沿線には米軍施設や工業団地があり、訪日観光客だけでなく、外国人の利用者が多い。これまでも駅名看板の多言語化や駅係員向けの接客英語学習プログラ…

この記事は有料記事です。

残り191文字(全文341文字)

あわせて読みたい

注目の特集