メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成の足跡

北陸30年史/6止 名物ママが見詰めた街 店の隆盛、時代に重ね

従業員に囲まれる上田利恵さん(中央)=金沢市片町1のクラブ利恵で、岩壁峻撮影

 扇のように盛り上がった髪形で加賀友禅の着物をまとった女性の姿を、夜の金沢で知らない者はいない。独特の髪のモチーフは観音菩薩(ぼさつ)。「優しいまなざしで人々を見守るあの方が目標だったんです」。北陸有数の歓楽街・金沢片町の一等地のビル最上階で「クラブ利恵」を営む、上田利恵さん(67)。東京・銀座と合わせて8店舗を経営する敏腕ママに、平成の30年はどう映るのか。

 富来町(現在の志賀町)の農家の三女。きらびやかな世界にあこがれたが、夢をかなえるまでには遠回りも。…

この記事は有料記事です。

残り1180文字(全文1411文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  4. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  5. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです