メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縄文イノシシ土器

えとの亥にちなみ 平出博物館で展示 塩尻 /長野

 今年のえと「亥(い)」にちなみ、塩尻市宗賀の平出博物館はイノシシの顔をかたどった縄文時代の土器の装飾品「獣面把手(とって)」2点を玄関ロビーで展示している。31日まで。

 国内のイノシシは縄文時代に数を増やした。縄文人は食用などでイノシシを利用しており、身近な動物だったと考えられている。多産のイノシシにあやかり…

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文390文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです