メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若き逆流者たち

移住者の目線を通して/6 東京→海津 伊藤由紀さん(47) ゼロから造った「柿酢」 /岐阜

カフェや新商品に夢広がる

 地元名産の柿を使って、「柿酢」造りに取り組む伊藤由紀さん(47)。旧南濃町(現海津市)で生まれ育った伊藤さんは、学校卒業後は24歳で地元を離れ、東京でコンサルタントの仕事に就いた。昨年、Uターンして古里に戻り、柿酢造りを本格化させた。

 「各地で地域活性化の取り組みを企画し、実践している友人が多かった」。伊藤さんはコンサルティング会社を経営する傍ら、地域おこしに活動に興味を持ったきっかけだ。休日にそのような活動を手伝うことは楽しかったという。そんな中、「各地の抱えている課題は、実は自分が生まれ育った地域にもあるのではないか」と思うようになった。

 実家には祖父が手入れをしていた柿畑があった。東京からたまに帰って柿畑の世話をするようになったものの…

この記事は有料記事です。

残り877文字(全文1214文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  3. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  4. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月
  5. 「桜を見る会」安倍政権で拡大 支出は当初予算の3倍 「政権近い人招待」と批判も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです