メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞鶴引揚記念館

今年は名古屋、姶良へ 港湾都市で巡回展 /京都

抑留者が現地から持ち帰ったスケッチブック=舞鶴引揚記念館提供

 シベリア抑留・引き揚げに関する舞鶴引揚記念館資料の巡回展が今年も府外で実施される。今回は8~14日に名古屋市瑞穂区の市博物館、2月13~18日は鹿児島県姶良(あいら)市のイオンタウン姶良と、引き揚げ港があった二都市が会場となる。「世界の記憶」(世界記憶遺産)登録資料のレプリカ、シベリアで抑留者が使った生活用品、各開催地の引き揚げ関連資料を展示する。いずれも入場無料。

 舞鶴市は2016年、館収蔵資料の世界記憶遺産登録1周年を記念し、引き揚げに関わった全国の港湾都市を…

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文602文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真
  3. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです