メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日現代書関西代表作家展

大阪で10日開幕 /奈良

 「第34回毎日現代書関西代表作家展」(毎日新聞社、毎日書道会主催)を10日から、大阪・あべのハルカス近鉄本店近鉄アート館で開催します。

 毎日書道展で活躍する関西代表作家を中心に、毎日書道会の役員作品を加えた新作約360点を展覧します。漢字▽かな▽近代詩文書▽大字書▽前衛書▽篆(てん)刻・刻字からなる現代書の世界をお楽しみください。

 特別陳列「幕末の書」は、霊山歴史館所蔵の貴重な史料から、西郷隆盛、坂本龍馬、勝海舟、徳川慶喜ら10人の書を紹介します。一般公募の「えと」書道展入賞・入選作品1000点も展示します。

この記事は有料記事です。

残り187文字(全文445文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

  2. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  3. コロナ禍に売り上げ急回復、相次ぐ新規出店 焼き肉店が好調なワケ

  4. 日立製作所vsヤマハ 第6日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗野球

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです