メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

二十士

意志、次世代へ 幽閉先の泉竜寺住職が伝承 日野 /鳥取

 日野町黒坂の泉竜寺は幕末の1863年、尊皇攘夷(じょうい)を唱えて鳥取藩の重臣を暗殺し「二十士」と呼ばれた若者らの幽閉場所だった。住職の三島道秀さん(58)は「あまり知られていないが、当時、鳥取でも10代や20代の志士が時代の先を見て動いた。その思いを伝えたい」と、30年前から遺品展示や語り継ぎなどの活動を続ける。

 中国山地の山あいで、田んぼが広がる一帯にたたずむ泉竜寺。本堂奥の8畳ほどの部屋に、血書の掛け軸や陣…

この記事は有料記事です。

残り511文字(全文720文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです