メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

里海とわたし

/5 ハチの干潟調査隊員 岡田和樹さん(32) 原点はナメクジウオ /広島

生きたナメクジウオを見た時の感動を語る岡田和樹さん。奥に見えるのが有竜島=広島県三原市幸崎町久和喜で秒、元田禎撮影

 三原市で農業を営む岡田和樹さん(32)は14年前、竹原市の「ハチの干潟」埋め立て計画を知った。環境省の「日本の重要湿地500」にも選定されている貴重な干潟。海草類が群生するアマモ場は生き物たちの産卵、育成が繰り返され、「海のゆりかご」とも呼ばれている。その干潟が「藻場の育成」を目的に変えられようとしていた。

 地元漁協が計画し、約100万立方メートルの土砂で沖合約11ヘクタールを埋め立てる予定だった。「瀬戸…

この記事は有料記事です。

残り659文字(全文864文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 大阪市教委 風俗店でアルバイト、女性講師を停職処分

  3. 21世紀枠は帯広農、磐城、平田 第92回選抜高校野球

  4. 運命の選考委スタート 第92回選抜高校野球 午後3時からの出場校発表をライブ中継

  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです