メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

里海とわたし

/5 ハチの干潟調査隊員 岡田和樹さん(32) 原点はナメクジウオ /広島

生きたナメクジウオを見た時の感動を語る岡田和樹さん。奥に見えるのが有竜島=広島県三原市幸崎町久和喜で秒、元田禎撮影

 三原市で農業を営む岡田和樹さん(32)は14年前、竹原市の「ハチの干潟」埋め立て計画を知った。環境省の「日本の重要湿地500」にも選定されている貴重な干潟。海草類が群生するアマモ場は生き物たちの産卵、育成が繰り返され、「海のゆりかご」とも呼ばれている。その干潟が「藻場の育成」を目的に変えられようとしていた。

 地元漁協が計画し、約100万立方メートルの土砂で沖合約11ヘクタールを埋め立てる予定だった。「瀬戸…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問なるほドリ 「カサンドラ症候群」って? 意図伝わらぬ障害の相手に苦悩 心身に不調=回答・野村房代
  2. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  3. 世界の雑記帳 米ユナイテッド航空機内で子犬死ぬ、座席上の棚に収納指示され
  4. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです