メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

里海とわたし

/5 ハチの干潟調査隊員 岡田和樹さん(32) 原点はナメクジウオ /広島

生きたナメクジウオを見た時の感動を語る岡田和樹さん。奥に見えるのが有竜島=広島県三原市幸崎町久和喜で秒、元田禎撮影

 三原市で農業を営む岡田和樹さん(32)は14年前、竹原市の「ハチの干潟」埋め立て計画を知った。環境省の「日本の重要湿地500」にも選定されている貴重な干潟。海草類が群生するアマモ場は生き物たちの産卵、育成が繰り返され、「海のゆりかご」とも呼ばれている。その干潟が「藻場の育成」を目的に変えられようとしていた。

 地元漁協が計画し、約100万立方メートルの土砂で沖合約11ヘクタールを埋め立てる予定だった。「瀬戸…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  2. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  3. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
  4. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  5. EU離脱 「氷の女王」誤算 メイ首相が辞任表明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです