メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
四国発・平成の挑戦者

/6 香川 吉原食糧(坂出市) 吉原良一社長 理想求め、県産小麦復活

香川産小麦復活のきっかけとなった「チクゴイズミ」(左)や「さぬきの夢2009」を手にする吉原食糧の吉原良一社長=香川県坂出市の同社で、植松晃一撮影

10年研究会参加

 こしの強さや喉ごしの良さで全国区の人気を誇る「讃岐うどん」。実はその特徴を出すには、外国産小麦に長らく頼らざるをえなかった。平成が終わりに近づく今、香川県坂出市の製粉会社「吉原食糧」で社長を務める吉原良一さん(61)は香川産小麦「さぬきの夢」の普及などに取り組み、「次世代の讃岐うどん」の姿を探り続ける。

 大学卒業後に就職した大手電機メーカー「東芝」を経て、1986年に父が切り盛りしていた吉原食糧に入っ…

この記事は有料記事です。

残り733文字(全文944文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

  2. 青島氏僅差でリード 大野氏が激しく追う 与野党激戦 埼玉知事選情勢

  3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  4. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  5. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです