メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

走り続けて

ふくおか鉄道開通130年/6止 九州レイルウェイショップ店長 北野俊雄さん(48)=直方市 /福岡

“職人技”返礼品一手に

 直方市のふるさと納税返礼品で、根強い人気を誇る鉄道模型。市販のNゲージ(大きさは実物の150分の1、線路幅9ミリ)、HOゲージ(同80分の1、同11・5ミリ)の模型を、より実物に近づける加工を施したオリジナル品で、納税額5万~20万円に対する返礼品として昨年3月の開始から年末までに50件、500万円以上の申し込みがあった。

 その加工を一手に担う。車両内に照明を付け、車両にさび、ほこりなどの汚れを再現して風合いを出すウェザ…

この記事は有料記事です。

残り596文字(全文820文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 高2男子に切りつけ、強盗殺人未遂容疑で中国籍の男逮捕 埼玉・蕨

  4. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです