メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界とつながる・SAGA

/7止 観光地 和の心でおもてなし /佐賀

 「ようこそお越しくださいました」。2018年12月下旬、鹿島市の祐徳稲荷神社の本殿で、鍋島朝寿権宮司(51)が語りかけた。神社では聞き慣れないタイ語でのあいさつに、タイ人観光客33人が耳を傾けた。

 神社では17年9月から、タイ人ら外国人の団体客におはらいの体験を実施している。タイ人たちは、神職が祝詞を唱える中、神妙な面持ちで頭を下げる。二礼二拍手一礼もした。タイ人女性のシェリー・ジラパテさん(36)は「ユートクは2回目。神社の色も景色も美しく、何度でも来たくなる」と目を輝かせた。

この記事は有料記事です。

残り1113文字(全文1356文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  2. 東京・池袋衝突事故 重体の女性と女児が死亡
  3. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  4. 交通安全教室でスタントマンの男性死亡 事故再現で 京都
  5. 東京メトロ東西線 一時運転見合わせ 行徳駅で人身事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです