メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成という時代

第3部 変化/7(その1) 性の壁越え、父に

公園で長男と遊ぶ太田有矢さん(左)と沙都さん。3人は血のつながらない家族だ=愛知県内で、大西岳彦撮影

 「とーちゃん、ハローッ」。柔らかな冬の日差しに包まれた公園。2歳になる長男が駆け寄った。「ヨシッ。おいで」。太田有矢さん(41)=愛知県在住=が両手を広げて抱き止めた。妻の沙都(さと)さん(38)に笑みがこぼれた。ありふれた家族の風景。だが、2人は長男の産声を知らない。

 有矢さんは、以前は女性だった。元の名は有香。体は女性、心は男性。性同一性障害を抱え、性別適合手術を受けて2012年3月に戸籍を男性に変えた。翌年に結婚。生殖機能がない有矢さんは、沙都さんと相談して養子を迎えた。

 こうした家族のあり方が認められたのは平成に入ってからだ。昭和は心と体の不一致を抱える人にとって逆風…

この記事は有料記事です。

残り561文字(全文853文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表
  3. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  4. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです