メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成という時代

第3部 変化 家族は個人のために 元最高裁判事・桜井龍子さん

元最高裁判事・桜井龍子さん

 平成も終わりかけた時期に、親と子を巡る大きな司法判断が続いた。特に父子関係。性同一性障害で女性から男性に戸籍変更をした夫婦の子供や、DNA検査で血縁関係が認められない父子の関係を、どのように受け止めるかという問題には世間の注目も集まった。

 親子関係の判断では、まず父親が誰かを速やかに法的に確定させるのが基本だ。子供を守るべき父親を決めないと、子供が幸せにならないし、法律婚の意義が損なわれる。生殖補助医療や科学技術は進んだが、明治からの嫡出推定の規定が今なお残る意義はそこにある。その規定は世界中にあり、先人たちの知恵でもある。司法判断は社会に波及的に広がるため、子供に不利益が生じないように議論を交わして結論を出した。

 平成に入り活発化した面会交流も子供の権利を守る意味では同じだ。離婚した夫婦の双方が育児に関わることが、やはり必要。子供にとって双方の親と接触することの意味は大きい。昭和の「家」制度で家の付属物だった子供が、平成に入って「子の福祉」の観点から、権利を確立させたということだろう。

この記事は有料記事です。

残り1103文字(全文1554文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 武漢の医師が相次ぎ死亡 当局が表彰、子どもの受験優遇も

  2. 中居正広さん、ジャニーズ3月末退所し独立 遺骨手に「ジャニーさん、力をくれ」

  3. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  4. 豪、イスラエルに帰国のクルーズ船下船者、新型肺炎感染を確認 日本側検査で陽性者なし

  5. 新型肺炎、国内発生100人超に 北海道や埼玉で新たな感染者 未就学児も 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです