メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

隣国・中国と向き合う 音楽家、上海音楽学院名誉教授 谷村新司氏

谷村新司さん=上海市内で2018年11月8日、工藤哲撮影

好きな人、1人いれば

 昨年、日本と中国の首脳往来が復活した。2019年の日中関係は、文化や経済、地方間などさまざまな分野にも交流が拡大しそうだ。両国は偶発的な対立で関係が悪化するリスクも抱える。そんな隣国とどう向き合うべきか。1980年代から中国とかかわり、上海音楽学院名誉教授でもある音楽家の谷村新司さん(70)に聞いた。【聞き手・上海・工藤哲】

この記事は有料記事です。

残り2609文字(全文2783文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  3. プロ野球ドラフト 県内の4人指名 喜びあふれ /三重

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 維新、2特別区で本庁舎位置変更検討 24日法定協で提案 大阪都構想

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです