メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシア

シリア調整、難航も クルド問題巡り トルコと首脳会談へ

米軍のシリア撤収を見据えたロシアの動き

 【モスクワ大前仁】ロシアのペスコフ大統領報道官は6日、プーチン大統領がトルコのエルドアン大統領と近く会談すると明かした。米軍のシリア撤収方針を受け、自らの支援するアサド政権とトルコがシリアのクルド人支配地域を巡って衝突する事態を避けるためとみられる。シリア情勢で主導権を握ることになり、関係国との調整を加速させているロシアだが、難航も想定される。

 トルコは米軍がシリアから撤収すれば、隣接するシリア北東部を実効支配するクルド人勢力への攻撃に乗り出すとの観測が浮上。米ラジオ局「ボイス・オブ・アメリカ(VOA)」によると、トルコはロシアに対し、将来的には自軍機によるシリア領空飛行を認めるよう求めているという。

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文725文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選択的夫婦別姓を阻む者たちへ

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  4. ワクチン接種割り込み、スペイン軍トップが辞任 優先順位に反し

  5. バスマットから考えるアスベスト問題 「静かな時限爆弾」が身近に潜む脅威 石綿が規制をすり抜けた内幕は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです