メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タイ

総選挙日程、政権延期を主張 戴冠式の準備優先

総選挙の予定通りの実施を求めシュプレヒコールを上げる人々=バンコク中心部で2019年1月7日、西脇真一

 【バンコク西脇真一】タイの民政復帰に向けた総選挙が3月以降にまた先送りされそうだ。軍事政権は投票日として2月24日を挙げていたが、ワチラロンコン国王の戴冠式の準備と選挙後の政治日程が重なるのを避ける必要があると主張し始めたためだ。「選挙準備のための時間稼ぎ」という見方もあり、総選挙の早期実施を訴えてきたグループなどが反発している。

 総選挙の実施日に向けて、本来は国王が2日に「選挙の準備を進めよ」との勅令に署名し、4日には選挙管理…

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文451文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  5. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです