メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出国税

徴収スタート 観光基盤拡充 経済効果は未知数

 日本からの出国時に1人1000円の負担を求める「国際観光旅客税」の徴収が7日、全国の国際空港や港湾で始まった。国税としては1992年の地価税以来、27年ぶりの新税。政府は2019年度で500億円の税収を見込む。旅行環境の整備費などに充てて訪日客の増加を目指すが、十分な効果が得られるかは未知数だ。【川口雅浩】

 事実上の「出国税」に当たる新税は、日本から海外に向かう航空機や船舶のチケット代に上乗せして徴収する…

この記事は有料記事です。

残り726文字(全文931文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 信号待ちの車列に車突っ込む 7歳女児死亡、9人重軽傷 大阪

  2. 小泉環境相、石炭火力の輸出制限表明を見送り COP演説 国際的反発必至

  3. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  4. 氷河期世代支援「使い捨て」脱するには… 先行する埼玉で問題点を探った

  5. 羽生一問一答「自分の中の勝負には勝てた」「40点差、大きくない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです