メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中通商協議

次官級で開始 対立回避探る

 【北京・赤間清広】米中両政府は7日、次官級による通商協議を北京で始めた。昨年12月に貿易戦争の「一時休戦」で合意して以降、貿易問題を巡る初の直接交渉の場となる。3月1日の交渉期限をにらみ、米中の対立回避に向けた落としどころを探る。

 米国側はゲリッシュ通商代表部(USTR)次席代表が交渉団を率い、関係省庁の高官も参加した。中国側は王受文商務次官が出席。香港紙によると、劉鶴副首相は協議に参加しなかったものの、米交渉団を出迎えたという。8日も協議を継続する。

 今回の協議で前進があれば、米中は今月中旬にもライトハイザーUSTR代表と劉副首相による閣僚級協議を…

この記事は有料記事です。

残り562文字(全文841文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  2. 第74回毎日映画コンクール 大賞に「蜜蜂と遠雷」 美しい映像で音楽表現 優秀賞「新聞記者」

  3. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです