メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中通商協議

次官級で開始 対立回避探る

 【北京・赤間清広】米中両政府は7日、次官級による通商協議を北京で始めた。昨年12月に貿易戦争の「一時休戦」で合意して以降、貿易問題を巡る初の直接交渉の場となる。3月1日の交渉期限をにらみ、米中の対立回避に向けた落としどころを探る。

 米国側はゲリッシュ通商代表部(USTR)次席代表が交渉団を率い、関係省庁の高官も参加した。中国側は王受文商務次官が出席。香港紙によると、劉鶴副首相は協議に参加しなかったものの、米交渉団を出迎えたという。8日も協議を継続する。

 今回の協議で前進があれば、米中は今月中旬にもライトハイザーUSTR代表と劉副首相による閣僚級協議を…

この記事は有料記事です。

残り562文字(全文841文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  2. 警察がユニークなポスターで若者「確保」 志望者減続き
  3. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 竹島、最古の地図発見 1752年に航路示す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです