メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

トルコの物価上昇の一服=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 年明けに昨年12月のトルコの消費者物価上昇率が20・3%と発表された。10月は25%、11月は21%台なので沈静の兆しといえる。これがエルドアン大統領による金利引き下げ介入懸念につながる。

 昨年8月のトルコリラは年初から4割超の対ドル下落となる。9月に中央銀行はやっとのことで政策金利を24%に引き上げ、年末までの目標物価上昇率を20・8%とした。

 この目標の超過達成は、3月末の大都市での地方選挙を控えて、高金利を嫌う大統領の思惑を刺激するとの見立てがある。トルコの成長趨勢(すうせい)は4・5%程度だが、昨年6月に早期の大統領選を仕掛けたエルドアン氏は刺激策を積み上げ、2017年は7・4%、18年第1四半期は7・2%、第2四半期は5・3%と高成長を維持した。

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文710文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里被告に有罪判決、一部無罪 参院選の大規模買収事件 東京地裁

  2. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  3. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  4. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです