メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

解説

科学振興、人文・社会も 生命倫理やAI、文・理不可分

 政府が人文・社会科学を科学技術政策に取り入れて振興を図る背景には、科学技術の発展が人間や社会のあり方を大きく変えてしまう時代になってきたことがある。

 例えばゲノム編集技術だ。「生命の設計図」とも言える遺伝子を比較的容易に改変できるため、環境変化に強い農作物の開発など、人類が直面する課題解決に大きな貢献が期待される一方、倫理的問題が浮上している。中国の研究者が昨年、この技術をヒトの受精卵に使って子を誕生させたと発表し、大きな波紋を…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  4. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです