メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

解説

科学振興、人文・社会も 生命倫理やAI、文・理不可分

 政府が人文・社会科学を科学技術政策に取り入れて振興を図る背景には、科学技術の発展が人間や社会のあり方を大きく変えてしまう時代になってきたことがある。

 例えばゲノム編集技術だ。「生命の設計図」とも言える遺伝子を比較的容易に改変できるため、環境変化に強い農作物の開発など、人類が直面する課題解決に大きな貢献が期待される一方、倫理的問題が浮上している。中国の研究者が昨年、この技術をヒトの受精卵に使って子を誕生させたと発表し、大きな波紋を…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 安室奈美恵さん、引退決断した理由語る 7年前に声帯壊し「限界なのかな」と不安も
  2. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  3. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  4. 年賀はがき 当選番号決定
  5. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです