メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

無痛分娩訴訟

大阪高裁で和解

 麻酔を使って出産の痛みを和らげる「無痛分娩(ぶんべん)」で生まれた長女が重度の脳障害を負ったのは、医師の不適切な処置が原因だったとして、両親が京都府京田辺市の「ふるき産婦人科」(休院)と、担当した男性院長に計約1億円の損害賠償を求めた訴訟が、大阪高裁で和解した。病院側が5840万円を支払う。

 和解は昨年12月7日付。和解金7400万円のうち、既に支給された補償…

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文456文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  2. 全日本学生落語選手権「策伝大賞」 立命館3年・高橋壱歩さん 岐阜 /岐阜
  3. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  4. 10連休のGW、旅行に予約殺到 価格高騰も
  5. 韓国国会議長「日本は盗っ人たけだけしい」 謝罪要求に反発

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです