メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

嫌われ役、徹して栄冠 野球部員との約束果たす 大阪桐蔭・松山主将

【大阪桐蔭-桐蔭学園】優勝し、笑顔を見せる大阪桐蔭の松山千大主将=東大阪市花園ラグビー場で2019年1月7日、山田尚弘撮影

 第98回全国高校ラグビー大会は、7日の決勝で桐蔭学園(神奈川)に競り勝った大阪桐蔭(大阪第1)が初めて頂点に立ち、幕を閉じた。CTB松山千大(ちひろ)主将(3年)は、昨夏に史上初の2回目の「甲子園春夏連覇」を成し遂げた同校野球部の同級生らと「アベック優勝」を誓い合い、その約束を果たした。【加藤佑輔】

 野球部で主将を務めた中川卓也さん(3年)やプロ野球・ロッテにドラフト1位で指名された藤原恭大(きょ…

この記事は有料記事です。

残り542文字(全文743文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  4. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  5. 津波来たらトラも逃げて 高知の動物園、高さ3メートル以上に避難棚設置

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです