メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

晴れ時々OFF

米先住民のカジノで激闘

カジノフロアの内部を説明する「ペチャンガ・リゾート カジノ」広報担当のシアラ・グリーンさん。「心地よいサービスを味わってもらいたい」と話す=米西部カリフォルニア州テメキュラで2018年12月23日、青木英一撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 赤茶けた山肌は岩がむき出しだった。国内では昨年7月に実施法が成立したカジノを含む「統合型リゾート(IR)」。米国のネーティブアメリカンが居留区内で経営する姿を見た。

 ●地域最大の雇用主

 米西部カリフォルニア州テメキュラ。ロサンゼルス中心部から南東に約130キロ。車で約1時間半、ルイセノ族の居留区に「ペチャンガ・リゾート&カジノ」(従業員約5500人)がある。米国のカジノといえばネバダ州ラスベガスが有名だが、ベガスがホテルの集合体ならペチャンガは単体だ。カジノフロア(約1万9000平方メートル)は西海岸で最大、にしては華美な感じがしない。ベガスのようなネオンは少なく、装飾を避けたぜいたくを提供するという理念があるそうだ。

 2002年のオープンで年間売り上げは10億ドル(約1080億円)超。賭博(ゲーミング)と軽食店、従業員約80人で1995年にスタートした「ペチャンガ・エンターテインメント・センター」が前身だ。居留区文化センターのポール・マカロさん(51)によると、1882年にできた居留区にはめぼしい資源がなく、州の住民投票でカジノ経営が認められた。この辺りでは最大の雇用主だという。「ルイセノ族自身のアイデアで、…

この記事は有料記事です。

残り1200文字(全文1730文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  2. サッカー 新型コロナ なでしこ唯一の海外組・熊谷、隔離免除で合宿「感謝」

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 山形眼科医殺害 被告が殺意否認 地裁初公判

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです