メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衣・FASHION

春まで着るコート 保温性と季節先取り両立

=いずれも根岸基弘撮影

 穏やかに季節が進んだこの冬。店頭で分厚いコートにはなかなか手が伸びにくい。これから新調するなら、春まで着られるコートはいかが? 薄手のダウンやインナー付きなど長く着られるコートを紹介してもらった。

 「季節を先取りするより、実際に着る時期が近づいてから買い求めるお客様が増えている。1月、2月はセール品ではなく、春まで着られる実用性の高いものが求められています」と「アマカ」を担当する三陽商会の桜井進さん。紹介してくれたのは「春向けのダウン」として今月中旬から売り出すダウンコートだ=写真[1][2]。

 薄く軽やかだが、高密度で真冬にも対応。細身に見えるが厚手のセーターにも重ねられる余裕があるという。…

この記事は有料記事です。

残り990文字(全文1291文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アニメ「エヴァンゲリオン」制作会社に放火予告 容疑で岡山の無職男逮捕

  2. スバル、群馬で完成車生産停止 部品調達先に浸水被害

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです