メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衣・FASHION

春まで着るコート 保温性と季節先取り両立

=いずれも根岸基弘撮影

 穏やかに季節が進んだこの冬。店頭で分厚いコートにはなかなか手が伸びにくい。これから新調するなら、春まで着られるコートはいかが? 薄手のダウンやインナー付きなど長く着られるコートを紹介してもらった。

 「季節を先取りするより、実際に着る時期が近づいてから買い求めるお客様が増えている。1月、2月はセール品ではなく、春まで着られる実用性の高いものが求められています」と「アマカ」を担当する三陽商会の桜井進さん。紹介してくれたのは「春向けのダウン」として今月中旬から売り出すダウンコートだ=写真[1][2]。

 薄く軽やかだが、高密度で真冬にも対応。細身に見えるが厚手のセーターにも重ねられる余裕があるという。紺、ベージュの2色があり、付属のマフラーもダウン入り。くるっと巻くだけで首元が暖かく、今季らしさも出せる。丸めてコンパクトにカバンにしまえるのもうれしい。

この記事は有料記事です。

残り913文字(全文1291文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 軽ワゴンとデイサービス送迎車が衝突、5人死傷 滋賀・湖南

  5. 羽生結弦がMVP「本当に幸せ」 新設のISUスケーティング・アワード

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです