メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

大相撲名場面 1989年初場所 千代の富士から金星を挙げた寺尾

元関脇・寺尾の錣山親方

負けん気の大切さ学ぶ

 昭和天皇の崩御から2日後に初日を迎えた1989年の初場所。平成最初の本場所を沸かせたのが、前頭筆頭の寺尾(最高位・関脇、現錣山親方)だ。8日目に横綱・千代の富士(故人)から金星を挙げ、初の殊勲賞を獲得。場所後には新関脇に昇進した。

 父は元関脇・鶴ケ嶺(故人)で2人の兄も関取という「角界のサラブレッド」。スピード感あふれる突き押し相撲で随一の人気を誇った。39歳まで現役を続け、通算出場は歴代3位の1795回。「鉄人」とも称された。錣山親方が「断トツで強かった」と振り返るのが千代の富士だ。この初場所までの対戦成績は7戦全敗。中日での対戦に向け「まわしを取っても勝てない。突っ張るしかない」と、強みを前面に出すことを…

この記事は有料記事です。

残り480文字(全文799文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  3. 神戸教諭いじめ 加害者の男性教員が児童骨折させる 他にも問題行為か

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「紅白」司会に綾瀬さんと桜井さん 総合司会は内村光良さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです