メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

大相撲名場面 1989年初場所 千代の富士から金星を挙げた寺尾

元関脇・寺尾の錣山親方

負けん気の大切さ学ぶ

 昭和天皇の崩御から2日後に初日を迎えた1989年の初場所。平成最初の本場所を沸かせたのが、前頭筆頭の寺尾(最高位・関脇、現錣山親方)だ。8日目に横綱・千代の富士(故人)から金星を挙げ、初の殊勲賞を獲得。場所後には新関脇に昇進した。

 父は元関脇・鶴ケ嶺(故人)で2人の兄も関取という「角界のサラブレッド」。スピード感あふれる突き押し相撲で随一の人気を誇った。39歳まで現役を続け、通算出場は歴代3位の1795回。「鉄人」とも称された。錣山親方が「断トツで強かった」と振り返るのが千代の富士だ。この初場所までの対戦成績は7戦全敗。中日での対戦に向け「まわしを取っても勝てない。突っ張るしかない」と、強みを前面に出すことを…

この記事は有料記事です。

残り480文字(全文799文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 15~39歳「AYA世代」のがん 女性が78% 国立がん研究センター調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです