メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

決勝 大阪桐蔭26-24桐蔭学園 大阪桐蔭「白い旋風」 大阪勢最多の21回目頂点

【大阪桐蔭-桐蔭学園】後半、桐蔭学園・今野の突進を阻止する大阪桐蔭の選手たち=幾島健太郎撮影

 (第7日・決勝)

 (7日・東大阪市花園ラグビー場)

 今年のワールドカップ(W杯)に向けて改修された高校ラグビーの「聖地」花園で、大阪桐蔭(大阪第1)が悲願の初優勝を飾った。7日、東大阪市花園ラグビー場で行われたAシード同士の決勝は、出場13回目の大阪桐蔭が桐蔭学園(神奈川)とのシーソーゲームの競り合いを制した。大阪勢の優勝は前回の東海大仰星(現東海大大阪仰星)に続いて2大会連続で、都道府県別で全国最多の通算21回目。出場17回目の桐蔭学園は昨春の全国高校選抜大会との「2冠」を逃した。

この記事は有料記事です。

残り3449文字(全文3694文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  4. 全契約調査開始 日本郵便 かんぽ生命不正で 「丸投げ姿勢」現場不満
  5. 韓国、対日批判強める 輸出規制「日本に大きな損害」 知日派の李首相活用も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです