メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

待ったなし 新年、さらに頑張って=武藤久

 賀状代わりの新しい番付があちこちの部屋や力士から送られてきて平成最後の初場所が幕を開ける。低調な九州場所もものかは、前売りはすこぶる順調で初場所も完売だった。

 昨年は1年間90日満員御礼の垂れ幕が下がり、九州場所後には18年ぶりに力士の給与が改定された。今月から横綱は282万円から300万円、大関も234万7000円から250万円、十両でも103万6000円から110万円と久しぶりの昇給は6%超の大盤振る舞いだった。

 プロ野球で5年で20億円とか景気のいい話題が飛び交っているなかでは寂しい数字にみえるが、力士褒賞金…

この記事は有料記事です。

残り923文字(全文1184文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. AAA浦田容疑者逮捕 所属事務所が公式HPで謝罪
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 体育館トイレ個室の壁が倒壊 女性下敷きで重傷 香川
  4. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  5. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです