連載

にほんでいきる

労働力不足から外国人受け入れを広げる日本。ですが、その子どもたちの権利は十分に守られていません。解決の糸口は。

連載一覧

にほんでいきる

外国からきた子どもたち 日本語学び見えた道 不就学、過ちから再起 神奈川・横須賀の少年院の中国人

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
久里浜少年院で日本語のノートを広げ、机に向かう中国籍の少年。正面のホワイトボードには50音表が張られていた=神奈川県横須賀市で、小川昌宏撮影
久里浜少年院で日本語のノートを広げ、机に向かう中国籍の少年。正面のホワイトボードには50音表が張られていた=神奈川県横須賀市で、小川昌宏撮影

 赤い鉄格子がはめ込まれた寮舎の窓。ひらがなの50音表が張られた教室で、中国籍の少年は、まだたどたどしい日本語で話し出した。「何を聞かれても日本語が分からない。答えられない。誰も話しかけないでと思っていた」。神奈川県横須賀市の久里浜少年院。少年は学校に居場所を見つけられず不就学となり、過ちを犯した。地域や学校、行政にも手を差し伸べる人はいなかった。

 少年が来日したのは2015年初め、中学3年生の時だった。10年前から日本で働いていた中国籍の父親を頼って、2人暮らしを始めた。「日本で勉強して、自分の未来を探したい」。そんな夢を抱いていた。

この記事は有料記事です。

残り1190文字(全文1461文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集