連載

平成という時代

平成最後の年を迎えた。平成は、グローバル化やインターネットの普及を背景に社会が大きく変化し、価値観の多様化が進んだ時代だった。さまざまな変化を追うとともに、その先にある次代をどう描いていくべきか考えたい。

連載一覧

平成という時代

第3部 変化/7(その2止) 「家族」新たな形に 血縁なくても離婚しても

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
長男と次男と妻のあきさんと一家4人で暮らす前田良さん(右)=兵庫県宍粟市で
長男と次男と妻のあきさんと一家4人で暮らす前田良さん(右)=兵庫県宍粟市で

 

 「男性に不妊があって精子をもらう夫婦なら、父親と認められた。僕はそうなれなかったんだよね」。兵庫県宍粟市のアパート。前田良さん(36)が切り出すと、横に座る妻のあきさん(37)=ともに活動名=が相づちを打った。長男(9)と次男(6)が良さんの背中にじゃれつく。

 平成の時代は子の誕生に道を開く生殖補助医療が発達した。その技術革新の時代に明治から続く民法の規定が、家族のあり方を世の中に問いかけた。結婚して妻が出産した子は夫の子(嫡出子)と推定する。「嫡出推定」と呼ばれる規定だ。

 良さんは2008年に性別を女性から男性に変えて結婚。子供2人は第三者から精子の提供を受けた。非配偶者間人工授精という生殖補助医療だ。その利用は長くルール不在だったが、1997年に日本産科婦人科学会が「倫理的、法的な社会的基盤に十分配慮する」と指針を定めた。夫妻はこの手法で子供をもうけた。

この記事は有料記事です。

残り1436文字(全文1823文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集