メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
2019愛知県知事選

リニア公約、違い鮮明 「交通基盤整備」「開発見直し」

 任期満了に伴う愛知県知事選(17日告示、2月3日投開票)に立候補を表明している現職の大村秀章氏(58)=自民県連、国民、公明推薦=と、新人で愛知県労働組合総連合議長の榑松佐一(くれまつさいち)氏(62)=共産推薦=の公約が7日、出そろった。2027年のリニア中央新幹線の開通を見据えた交通インフラの整備などを訴える大村氏に対し、榑松氏は暮らしや福祉の充実を強調し大型開発の見直しを主張。両氏の違いが鮮明となっている。

この記事は有料記事です。

残り558文字(全文767文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 北朝鮮がミサイル発射か 日韓GSOMIA破棄通告翌朝に

  3. ブラジル アマゾン火災 仏「議題に」

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです