世界銀行のキム総裁が辞任表明 トランプ政権とあつれきか

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ラスベガス中井正裕】世界銀行は7日、ジム・ヨン・キム総裁(59)が2月1日に辞任すると発表した。現在2期目で、2022年まで任期を残していた。辞任理由は明らかになっていないが、米メディアは、キム氏が中国への融資条件などを巡りトランプ米政権とあつれきがあったと伝えている。

 キム氏は韓国系の米国人医師。12年にオバマ前米政権の推薦で総裁に就任し、途上国の開発支援や医療、保健政策、気候変動対策…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文494文字)

あわせて読みたい

ニュース特集