メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本、韓国に政府間協議要請へ 新日鉄住金保有株の押収決定

 日本政府は、韓国の裁判所が新日鉄住金が韓国内に持つ資産の差し押さえを認めたのを受け、1965年の日韓請求権協定に基づく政府間協議を韓国政府に申し入れる。申し入れ時期は、企業側に差し押さえ通知が届いた後に最終判断する方針だ。

 同協定では、協定の解釈などで紛争が起きた場合は「まず、外交経路で解決する」と規定し、協議を促して…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文403文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

  2. 緊急事態宣言で強制力があること、ないことは何か 首相「冷静な対応」要請

  3. 慶応大病院で初期研修医18人集団感染 40人で飲食

  4. 接待飲食・風俗業も休業補償へ 菅氏「支給要領見直す」

  5. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです