メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

亜熱帯植物引き取って…長崎県が譲渡先探す 1200種、希少種や絶滅危惧種も

閉園から間もなく2年となるが、譲渡されず温室内に残る植物(許可を得て撮影)=長崎市の旧長崎県亜熱帯植物園で2018年12月17日、浅野孝仁撮影

 長崎県が、2017年3月に閉園した亜熱帯植物園(長崎市脇岬町)の植物の引き取り先を探している。1200種4万5000本には希少種や絶滅危惧種もあるが、品種によっては輸送や栽培にコストがかかることもあり、譲渡が決まったのは約2600本(昨年11月末現在)で1割に満たない。専門家は「希少な種類もあり、できる限り命をつないでもらいたい」と話す。【浅野孝仁】

 同園は1969年開園。約32.5ヘクタールの敷地に大小の温室やアジサイの群生などがあり、長崎オリジナルの花なども展示し、ピークの98年度には約12万人が訪れた。来園者の減少や、一帯が地滑りの恐れがある地域で約31億円の対策費がかかることなどから閉園した。一般の立ち入りが禁止された今も、園内には日本最大級のつるを持つジェードバインなど希少な植物が残る。

この記事は有料記事です。

残り521文字(全文875文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

  4. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  5. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです