メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

亜熱帯植物引き取って…長崎県が譲渡先探す 1200種、希少種や絶滅危惧種も

閉園から間もなく2年となるが、譲渡されず温室内に残る植物(許可を得て撮影)=長崎市の旧長崎県亜熱帯植物園で2018年12月17日、浅野孝仁撮影

 長崎県が、2017年3月に閉園した亜熱帯植物園(長崎市脇岬町)の植物の引き取り先を探している。1200種4万5000本には希少種や絶滅危惧種もあるが、品種によっては輸送や栽培にコストがかかることもあり、譲渡が決まったのは約2600本(昨年11月末現在)で1割に満たない。専門家は「希少な種類もあり、できる限り命をつないでもらいたい」と話す。【浅野孝仁】

 同園は1969年開園。約32.5ヘクタールの敷地に大小の温室やアジサイの群生などがあり、長崎オリジ…

この記事は有料記事です。

残り648文字(全文875文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  3. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  4. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  5. 福島処理水問題 安全基準の「ずれ」埋めよ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです