メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

亜熱帯植物引き取って…長崎県が譲渡先探す 1200種、希少種や絶滅危惧種も

閉園から間もなく2年となるが、譲渡されず温室内に残る植物(許可を得て撮影)=長崎市の旧長崎県亜熱帯植物園で2018年12月17日、浅野孝仁撮影

 長崎県が、2017年3月に閉園した亜熱帯植物園(長崎市脇岬町)の植物の引き取り先を探している。1200種4万5000本には希少種や絶滅危惧種もあるが、品種によっては輸送や栽培にコストがかかることもあり、譲渡が決まったのは約2600本(昨年11月末現在)で1割に満たない。専門家は「希少な種類もあり、できる限り命をつないでもらいたい」と話す。【浅野孝仁】

 同園は1969年開園。約32.5ヘクタールの敷地に大小の温室やアジサイの群生などがあり、長崎オリジ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. 韓国警察、「JYJ」ユチョン氏の逮捕状請求へ 麻薬使用容疑で
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです