メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「カリスマ経営者」法廷に姿 よく通る声で自ら名前読み上げ

 国内外に衝撃を与えた東京地検特捜部の逮捕から50日。かつての「カリスマ経営者」が法廷に姿を現した。「私にかけられている容疑は無実です」。日産自動車前会長、カルロス・ゴーン容疑者(64)は勾留生活でやや痩せた印象だったが、裁判官を見据え、よく通る声で自らの正当性を主張した。【巽賢司、遠山和宏、金寿英】

 「私は日産に関して、心から親愛と感謝の気持ちがある」「人生の20年を日産の復活にささげてきた」「日…

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文725文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP イラッ! 駐車場はガラガラなのになぜか隣にクルマを駐めてくる「トナラー」の真意とは
  2. プロ野球 日本ハム 打たれない斎藤佑!韓国・NC戦2回完全に続き3回無失点(スポニチ)
  3. 中江首相秘書官「検討申し上げたかも」 勤労統計対象入れ替え
  4. 不法残留 ベトナム人7人、疑いで逮捕 苫小牧市内で /北海道
  5. 囲碁 小4仲邑菫さん、世界的強豪の壁高く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです