メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神大震災「デジタルアーカイブ」公開 2500点閲覧可能

震災当時の写真が並ぶデジタルアーカイブの画面(フェイスブックから)

 阪神大震災時の写真や動画をソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のフェイスブック(FB)で保存・活用するデジタルアーカイブが、8日に公開された。追悼行事「阪神淡路大震災1・17のつどい」の実行委員会が企画し、現在は約2500点が閲覧可能。デジタルで次世代に記録を継承するのが狙いで、防災教育に活用し、資料の収集も進める。

 実行委は2018年の「つどい」から写真と動画を集めはじめ、個人や団体から約1万点が寄せられた。アーカイブ化はFBの日本法人が協力。関西学院大(兵庫県西宮市)の学生ボランティアらが写真をスマートフォンで撮って電子データ化し、日付や場所など説明を付けている。

この記事は有料記事です。

残り452文字(全文746文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元の世界に逆戻り? 飛行機満席、渋滞30キロ以上 混雑した4連休

  2. 新型コロナで「中国に責任を取らせなければ」 トランプ氏 国連総会演説

  3. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  4. 「刑務所に入れられても闘う。それが恩返し」 香港りんご日報創業者が語った決意

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです