メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神大震災「デジタルアーカイブ」公開 2500点閲覧可能

震災当時の写真が並ぶデジタルアーカイブの画面(フェイスブックから)

 阪神大震災時の写真や動画をソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のフェイスブック(FB)で保存・活用するデジタルアーカイブが、8日に公開された。追悼行事「阪神淡路大震災1・17のつどい」の実行委員会が企画し、現在は約2500点が閲覧可能。デジタルで次世代に記録を継承するのが狙いで、防災教育に活用し、資料の収集も進める。

 実行委は2018年の「つどい」から写真と動画を集めはじめ、個人や団体から約1万点が寄せられた。アーカイブ化はFBの日本法人が協力。関西学院大(兵庫県西宮市)の学生ボランティアらが写真をスマートフォンで撮って電子データ化し、日付や場所など説明を付けている。

この記事は有料記事です。

残り452文字(全文746文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 日産、全契約社員を正社員に 国内拠点の事務職800人弱 4月から

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  5. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです