メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

被爆手帳審査「証言」重視へ転換促す 長崎地裁、元徴用工判決

韓国にいる原告の金成洙さんに電話で勝訴を伝える支援者の河井章子さん(中央)=長崎市で2019年1月8日午後1時26分、徳野仁子撮影

 元徴用工の韓国人3人を本人の証言を根拠に「被爆者」と認めた長崎地裁判決は、被爆から70年以上が経過し被爆者が高齢化していることを踏まえ、手帳審査の手法を「証人、証拠」重視から、「証言」重視に転換するよう強く促したものだ。

 原告の証言は基本的に申請段階から一貫していたが、長崎市は部分的に他の資料と整合しないことや、証拠や証人がないなどの理由で却下した。それによって原告たちは2年以上の訴訟を強いられ、体調は…

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文511文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジワラさん「入国時、約2時間入管で足止め」 辺野古移設でサイト署名呼びかけ人
  2. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り
  3. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
  4. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属
  5. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです