メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

根本厚労相、異なる調査手法と把握も発表では触れず 「毎月勤労統計」問題

根本匠厚生労働相=川田雅浩撮影

 厚生労働省が公表している「毎月勤労統計」の一部の調査が本来とは異なる手法で実施されていた問題で、根本匠厚労相は8日の閣議後記者会見で、昨年10月分(確報)の調査結果公表前に「手法が異なる」との報告を受けていたことを明らかにした。

 厚労省によると、勤労統計は統計法に基づき賃金や労働時間、雇用の動向を示す政府の基幹統計の一つ。従業員500人未満の事業所は無作為で抽出し、500人以上は全てが対象となるが、東京都に関しては500人以上の約140…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文554文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  4. 京アニ火災 「聲の形」「氷菓」岐阜県内の聖地でも悲しみ広がる
  5. 京アニ放火 確保の男「小説盗んだから放火」 一方的な恨みか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです